プーアール茶 ダイエット 便秘

プーアール茶が便秘に効く理由

便秘に悩む女性

プーアール茶には便秘解消の効果もあると言われていますが、その理由は何なのでしょうか。

 

 

プーアール茶の成分

プーアール茶は発酵食品です。

 

紅茶やウーロン茶も発酵させたお茶ですが、プーアール茶は黒麹菌を加えて発酵させるので独自の酵素をもっています。

 

他のお茶に比べて便秘解消に効果的なのは、この酵素の力によります。

 

ヨーグルトなどの発酵食品には整腸作用があるとされていますが、発酵させたお茶にも同様の効果があります。

 

腸内環境をよくすることは、便秘解消には大変重要です。

 

プーアール茶が効く便秘の種類

ただし、便秘と一口にいっても数種類あり、ある便秘には効果があっても、違う種類の便秘だと逆効果になる場合もあるので注意が必要です。

 

プーアール茶が効くのは、「弛緩性便秘」と呼ばれる便秘です。

 

弛緩性便秘とは?

弛緩性便秘は、大腸の運動が低下しうまく便を運べなくなる症状です。

 

原因としては運動不足や食物繊維不足、過剰なダイエットなどがあります。

 

また、症状としては膨満感、食欲不振、肌荒れ、などがありもっとも一般的な便秘です。

 

対策としては大腸を刺激してやること、蠕動運動を活発にさせてやることが最も効果的です。

 

プーアール茶は腸内環境を整えることで、この大腸の運動を促進します。

 

便秘茶とプーアール茶の違い

便秘薬の大半はこの大腸の刺激が目的で、マグネシウムやセンノシドという成分が使われます。

 

いわゆる便秘茶と呼ばれるもののほとんどがセンノシドを含んでいます。

 

センナ茶が有名ですが、同族植物のキャンドルブッシュ(ゴールデンキャンドル)にもセンノシドは含まれており、即効性があるのが特長です。

 

しかしセンナの葉や花は医薬品に指定されるもので、摂取しすぎると副作用があり、国民生活センターも注意勧告をしているほどです。

 

(⇒独立行政法人国民生活センター「キャンドルブッシュを含む健康茶-下剤成分(センノシド)を含むため過剰摂取に注意-

 

プーアール茶が安心なのは、センノシドを含んでいないことです。

 

もちろん商品によってはこっそり混ぜている場合もあるので、購入の際は成分表示を確認しなければなりません。

 

しかし基本的にはプーアール茶として販売されているものにはキャンドルブッシュは含まれていないはずです。

 

マグネシウムは含まれているけど?

いっぽうでプーアール茶にはマグネシウムは含まれています。

 

こちらも下剤として使われるほどですから、便秘には効果がありますが、プーアール茶に含まれている量ならよほど過剰に飲まないかぎり副作用などはありません。

 

まとめ

以上述べたように、便秘茶と呼ばれるものは即効性があるものの、副作用を起こす可能性も高いのに対し、プーアール茶には程よい下剤成分があり、なおかつ整腸作用があるので健康的に便秘を解消することができるのです。

 

「理屈はわかったけど、本当にプーアル茶は便秘に効果があるの?」と疑問をお持ちの方はダイエットプーアール茶の口コミ全606件を徹底検証!をご覧ください。

 

効果を実感されている方が多数おられます。

 

 

 

ダイエットプーアール茶の公式サイトを見る

 

 

Topに戻るプーアール茶ダイエットのウソ・ホント

 

 

【関連記事】

 

プーアール茶がダイエットによい3つの理由

 

より効果的にダイエットできるプーアール茶の飲み方

 

ダイエットプーアール茶の口コミ全606件を徹底検証!