プーアール茶 ダイエット コンビニ

コンビニで購入できるプーアール茶

ペットボトルのプーアール茶

近年の健康茶ブームにより、さまざまなお茶のペットボトルがコンビニの棚に並んでいます。

 

とくにウーロン茶などはいろんな種類のものが発売されていますが、プーアール茶のペットボトルはあまり見ません。

 

現在市販されているペットボトルのプーアール茶は以下のものです。

 

アサヒ 食事の脂にこの1本

 

アサヒ飲料の「食事の脂にこの1本」はプーアール茶とウーロン茶のブレンド茶です。希望小売価格は140円(555ml・税抜)。

 

アサヒ飲料は昨年(2014年)10月に「宮廷プーアル茶」というプーアール茶を発売しましたが、こちらは現在ではすでに販売されていないようです。

 

また、この他に丸の内タニタ食堂がオーガニック茶のひとつとして「丸の内タニタ食堂の有機金火プーアール茶」を販売しています。

 

丸の内タニタ食堂の有機金花プーアール茶

 

こちらはブレンドではないプーアール茶。

 

タニタ食堂と海東ブラザーズによるコラボ商品で、日本、アメリカ、EUの有機認証を受けた畑の茶葉のみで製造された商品です。

 

普通のコンビニではあまりお目にかかれませんが、「ナチュラルローソン」なら見つかるかもしれません。1本500ml147円(税込)。

 

ペットボトルのプーアール茶のメリット・デメリット

 

メリット

コンビニのペットボトルの利点は手軽にすぐに飲めることです。

 

茶葉やティーバッグはお湯が必要ですし、冷やすのにも時間がかかります。

 

ペットボトルなら買ったその場で、冷たいプーアール茶を楽しめます。

 

デメリット

値段が比較的高くなります。

 

そもそもその他のお茶も、茶葉やティーバッグから作るよりも当然割高になりますので、継続して飲む場合はそれなりに費用が掛かってしまいます。

 

また、上記2つのプーアール茶は詳しい成分表示がされておらず、脂肪吸収を抑える重合カテキンや没食子酸などの量が不明です。

 

プーアール茶を嗜好品として楽しむ分にはなんら問題ありませんが、健康目的やダイエットの補助食品として飲む場合には、情報が少なすぎるのが大きなマイナスポイントです。

 

目的にあったプーアール茶を

 

今述べたように、嗜好品として、あるいは清涼飲料水のひとつとして飲むのなら、ペットボトルのプーアール茶もおすすめです。

 

しかし、ダイエット等の目的で飲むのでしたら、やはりそれなりに目的に合った商品を飲むほうがよいでしょう。

 

当サイトでは通販で購入できるプーアール茶を3つおすすめしています。

 

いずれもペットボトルよりも安価なので継続して飲めると思います。

 

また、お試しの商品もあるので、プーアール茶の味に不安のある方はそちらの商品を試されてはいかがでしょうか。

 

134万人が実感した、ダイエットプーアール茶の実力

 

 

 

Topに戻るプーアール茶ダイエットのウソ・ホント

 

【最新記事】

 

ダイエットプーアール茶の口コミ全606件を徹底検証!


おススメのプーアール茶

ダイエットプーアール茶(ティーライフ)
実質無料で試せる!

 

愛飲者が136万人を超えているというプーアール茶。
「おいしいから続けられる!」という声が多数。
なかには、食事制限と運動を併用して2年半でマイナス43kgのダイエットに成功した方も。

 

お試し用はもちろん、35日用の通常セットでも返品可能で、実質無料でお試しができます。

 

ダイエットプーアール茶の詳細

 

ダイエットプーアール茶公式サイト

 

価格(お試し用) 価格(1セット) 返品返金保証
970円(12日分) 3,886
2,916円(35日+12日分)
あり(30日間)

 

国産ダイエットプーアール茶 茶流痩々(荒畑園)
純国産!

 

茶葉は国産、静岡県産で安心です。ダイエットの有効成分も中国産に負けていません。

 

もう少し詳しく見る

 

公式サイトを見る

 

価格(お試し用) 価格(定期コース) 返品返金保証
1,620円(10L分) 2,916円(10L×3) なし

 

プーアル熟茶(彩香)
豊富な重合カテキン

 

重合カテキンが他社の30倍。
茶葉を通常、粉茶、ティーバッグから選べます。

 

公式サイトを見る

 

価格 - 返品返金保証
1,580円(約66L分) - なし