プーアール茶 ダイエット 妊産婦

妊産婦とカフェイン

コーヒー

妊婦さんや授乳中の方のなかにはカフェインが気になるかたもおられると思います。

 

でも、カフェインは本当によくないのでしょうか?

 

カフェインの作用

カフェインには覚醒・興奮作用、利尿作用のほか、血管拡張作用、胃酸分泌の促進、運動能力の向上や筋肉疲労の回復効果などもあると言われています。

 

カフェインのメリット

もっとも一般的なのは覚醒・興奮作用で、眠気覚ましにコーヒーを飲む人は多いと思います。

 

また頭痛の緩和に飲む人もいますが、これはカフェインに血管拡張作用があるためです。

 

ダイエットの観点で言っても、カフェインには脂肪燃焼効果があると言われています。

 

体内で脂肪を燃焼するには、リパーゼという酵素が必要ですが、カフェインはこのリパーゼを活性化します。

 

カフェインのデメリット

いっぽう、カフェインは過剰に摂取するとさまざまなデメリットも引き起こします。

 

胃酸の分泌を促進するカフェインを取りすぎると胃が荒れてしまい、肌荒れ等の原因にもなります。

 

また、シミの原因にもなるメラニンを拡散させるので、女性にとっては嬉しくないですね。

 

さらにカフェインには利尿作用がありますが、この時体内のカルシウムを排出しやすくしてしまいます。

 

過剰摂取すればその分カルシウムも不足しがちになってしまうのです。

 

妊婦にとってのカフェインの弊害

妊婦と子供

妊婦さんが注意しなければならないのは、やはり赤ちゃんへの影響です。

 

もっとも危惧されるのは、カフェインによって母体の血流量が減り、その分胎児への酸素と栄養の供給が低下してしまうことです。

 

結果、赤ちゃんの発達障害や最悪流産の危険性もあるのではないか、と言われているので妊婦さんは過剰なカフェイン摂取を避けるべきです。。

 

適度な摂取は体に良い?

とはいえ、先ほども述べましたがカフェインには中毒性があるので、適量を飲んでいた人が急にカフェイン摂取を止めてしまうと逆にストレスになることもあり、母体にはよくありません。

 

上記のカフェインの弊害はあくまで過剰摂取した場合です。

 

何事もそうですが、極端はいけません。

 

精神の安定も母体には大事ですので、神経過敏にならずほどほどにカフェインを摂取しましょう。

 

プーアール茶のカフェイン

さて、プーアール茶についてですが、プーアール茶にもカフェインは含まれています。

 

しかしその量はコーヒーに比べると少ないので、妊産婦の方にはおススメの飲み物です。

 

さらにお茶にはタンニンが含まれています。

 

タンニンはカフェインと結びつくので、同じ量のカフェインをとってもその効果が緩和される、という嬉しい効果があります。

 

もともとカフェイン量の少ないプーアール茶は、タンニンによってさらにその影響が緩和するので、妊産婦の方は安心して飲めるのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】

 

プーアール茶がダイエットによい3つの理由

 

より効果的にダイエットできるプーアール茶の飲み方

 

プーアール茶はダイエットの基本である代謝の向上に効果あり!

 

プーアール茶は便秘解消に効果はあるの?

 

プーアール茶のデトックス効果