プーアール茶 ダイエット ウーロン茶

プーアル茶とウーロン茶の違い

茶葉

最近はダイエットに効くとして黒ウーロン茶が流行ってます。

 

ではダイエットにはプーアル茶とウーロン茶ではどちらが向いているのでしょうか?

 

検証してみました!

 

 

製造方法の違い

プーアル茶もウーロン茶も、もともとは緑茶です。

 

「ウーロン茶が緑茶と同じ茶葉とは知りませんでした」by三谷幸喜のCMがありますが、じつはプーアル茶もそして紅茶も、全て同じチャノキという植物の葉を使用します。

 

緑茶はこれらのお茶のベースとなるもので、これを発酵(酸化)させたのがウーロン茶、最後まで発酵(酸化)させきったのが紅茶となります。

 

プーアル茶の場合は発酵のさせ方がウーロン茶や紅茶とは異なります。

 

プーアル生茶は一旦発酵を止めるために加熱しますが、完全には酵素を失活させずにあまった酵素で時間をかけて発酵させます。

 

プーアル熟茶は一旦加熱で発酵を止めたあと、黒麹菌を加えて人工的に発酵を早めます。

 

ちなみに、厳密に言うとウーロン茶も紅茶もじつは発酵させていません。

 

「発酵」とは、本来微生物を使用して酸化させることを意味しますから、発酵茶、と呼べるのはプーアル熟茶のみです。

 

茶葉の酵素のみで酸化させるウーロン茶や紅茶を発酵茶と呼ぶのは間違った使い方です。

 

しかしなぜか慣習としてウーロン茶は半発酵茶、紅茶は完全発酵茶とされていますので、当サイトでもこの慣習にのっとって表記しています。

 

そしてこの発酵(酸化)のさせ方の違いにより、プーアル茶には、ウーロン茶や紅茶には無い成分が加わり、独自の効能を持つことができるのです。

 

プーアル茶独自の成分

中国ではプーアル茶と言えば黒麹菌を加えない生茶を指しますが、日本ではプーアル茶といえば熟茶を指すのが一般的です。

 

このプーアル熟茶にはリパーゼという消化酵素が含まれています。

 

リパーゼは人の体内で脂肪を分解する酵素ですので、プーアル茶を飲めば溜まった脂肪を分解しやすくなります。

 

このためウーロン茶よりもより強力に脂肪を分解できるので、ダイエットにはウーロン茶よりもプーアル茶のほうが向いていると言えます。

 

重合カテキン

カテキンはポリフェノールの一種ですので、抗酸化作用があると言われています。

 

いっぽう重合カテキンは、よくカテキンがより強力になったもの、という説明がされていることがありますが、実際は抗酸化作用はカテキンより劣ります。

 

では何がカテキンより優れているかと言うと、脂肪の吸収を阻害する効果です。

 

重合カテキンはお茶が発酵(酸化)する過程で生成されるので、ウーロン茶にも存在します(ウーロン茶ポリフェノールまたはウーロン茶重合ポリフェノールなどとも呼ばれる)。

 

しかしその含有量は、より含有率の高い黒ウーロン茶(サントリー)で約30mg/100gなのに対し、ダイエットプーアル茶(ティーライフ)の含有量は8,480mg/100gと桁が違います。

 

まとめ

 

以上見てきたように、プーアル茶もウーロン茶ももとは同じ茶葉ですが、製造方法の違いによりダイエット効果にも違いがあります。

 

プーアル茶独自のリパーゼ促進作用、重合カテキンの含有量の違いなどが、それぞれウーロン茶よりも優れていることがわかっていただけたかと思います。

 

もちろん手軽さ、という点ではコンビニなどで買える黒ウーロン茶のほうがいいかもしれませんが、350mlで150円くらいします。

 

当サイトおすすめのダイエットプーアル茶なら、500mlあたり約52円。しかも注文した翌日には発送されるので、すぐに入手できます。

 

さらに30日間の返金保証があるので実質無料でお試しすることも可能なので、一度試されてみてはいかがでしょうか?

 

 

実質無料のプーアル茶をお試しする方はコチラ

 

 

 

「でも実際に効果はあるの?」と思う方はこちらの記事をどうぞ。
ダイエットプーアール茶を購入した方の口コミ606件の検証記事です。
ダイエットプーアル茶の口コミ全606件を徹底検証!

 

Topに戻るプーアル茶ダイエットのウソ・ホント

 

 

【関連記事】

 

ダイエットプーアル茶の詳細

 

より効果的にダイエットできるプーアル茶の飲み方

 

プーアル茶がダイエットによい3つの理由

 

プーアル茶はダイエットの基本である代謝の向上に効果あり!

 

プーアル茶は便秘解消に効果はあるの?