プーアール茶 産後ダイエット

産後ダイエットによいプーアール茶

ママと赤ちゃん

 

プーアール茶は妊産婦が飲んでも大丈夫?でも軽く述べていますが、ここでは「産後ダイエット」に絞ってさらに詳しく見ていきたいと思います。

 

産後ダイエットは1~2か月後から半年以内で

妊娠中は赤ちゃんを守るため、お母さんの体は脂肪(流動性脂肪)がつきやすくなっています。

 

産後はすぐにこの脂肪がなくなるわけではなく、人にもよりますがおよそ1~2ヶ月くらいで徐々に減っていきます。

 

しかし、育児によるストレスやそれにともなう不規則な食事などを続けると、脂肪が減るどころかますます太ってしまう場合もあるようです。

 

この産後太りを解消、あるいは回避するには産後6ヶ月以内がリミットだと一般的には言われています。

 

6ヶ月以内であれば、妊娠中や産後についた脂肪は燃焼しやすいので、比較的楽にダイエットができるからです。

 

ただし、産後すぐのお母さんの体は非常にデリケートなので、無理な負担をかけるのは避けましょう。

 

これも個人差がありますが、およそ1~2ヶ月後からが目安となりますが、できれば担当医の先生に確認しておきましょう。

 

産後ダイエットで重要なこと

サラダを食べる女性
産後ダイエットで重要なことは、健康的に脂肪を減らしていくことです。

 

普通のダイエットでももちろん重要ですが、赤ちゃんを育児しながらのダイエットは、お母さんの体調も大変重要です。

 

体力的にも精神的にも健康でなければ、慣れない育児を続けるのは困難です。

 

では具体的にどのようなダイエットをすればよいのかですが、産後ダイエットの成功者はおおむね下記3つのことを実行されています。

 

  • 散歩
  • 水分補給
  • バランスのとれた食事

 

散歩

ベビーカーを押す女性

ベビーカーで赤ちゃんを連れての散歩は、運動不足の予防・解消になります。

 

激しい運動をするわけではないので体への負担はほとんどなく、精神的にも育児の気分転換やストレス発散にもなるので、うってつけの軽い運動、というわけです。

 

水分補給

お水

母乳の約8割は水分です。

 

一般成人は1日約2リットルの水分摂取が必要とされますが、授乳しているお母さんは当然それ以上の水分を摂る必要があります。

 

およその目安は約3リットル、夏場なら4~5リットルの水分補給が必要とされていますが、まとめて摂取するのではなく、こまめにコップ1杯程度の水を摂るようにしましょう。

 

また、授乳行為自体、1日約600~800キロカロリーを消費しますので、産後ダイエットの観点からも母乳育児は有効です。

 

バランスの良い食事

食事

今述べたように、授乳だけでもそれなりのカロリーを消費するなど、育児において体力は言うまでもなく重要です。

 

太るのが心配で摂るべき栄養を摂らないのは、赤ちゃんのためにもよくありません。

 

また、特定の食品だけを食べるようなダイエットも栄養が偏り、便秘やむくみの原因にもなります。

 

バランスのよい食事をこころがけましょう。

 

産後ダイエットにプーアール茶が良い理由

プーアール茶
プーアール茶には脂肪吸収を抑制する効果、また脂肪の燃焼を促進する効果がありますが、産後の体に良いビタミンやミネラルも含まれているので、産後ダイエットの際のドリンクに向いています。

 

ビタミンB群

プーアール茶に含まれるビタミンのうち、ビタミンB群は代謝に関わるビタミンですので、産後ダイエットでは重要です。

 

「元気の源」とされるビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるビタミンですので、疲労回復には欠かせません。

 

また発育のビタミン、ビタミンB2は脂質の燃焼を促進します。

 

葉酸はビタミンB9、あるいはビタミンMなどとも呼ばれますが、血液の生産には重要なビタミンです。とくに妊娠中に不足しやすいビタミンですが、授乳期のママにとっても重要な栄養素です。

 

ミネラル

授乳中は水分補給が大事ですが、むくみを気にしてあまり水分を取らないママがいます。

 

たしかに産後は、出産や授乳により体の水分バランスが乱れがちでむくみやすい状態といえます。

 

プーアール茶にはカリウムというミネラルが含まれており、体の余分な水分を排出しやすくしてくれるので、むくみの予防・解消になります。

 

またもともと女性は鉄分が不足しがちで、妊娠中、特に後期になればなるほど不足しやすく、出産後も鉄分不足を解消できないケースが多いようです。

 

プーアール茶には鉄分が含まれており、先ほど述べた葉酸とあわせて貧血の防止に有効です。

 

お茶に含まれるタンニンは鉄(非ヘム鉄)の吸収を妨げると言われていますが、プーアール茶のタンニン含有量は他のお茶に比べて著しく低いことが報告されています。

 

このことも、他のお茶類よりプーアール茶が産後ダイエットに良い理由の一つです。

 

カフェインの取り過ぎは注意

カフェインは妊娠中に控えるべきものとして有名ですが、授乳中も母乳を介して赤ちゃんにカフェインを取らせることになるので摂り過ぎは禁物です。

 

しかし、カフェイン摂取を授乳後にするなどし、なおかつ摂取量を抑えれば問題はありません。

 

プーアール茶にもカフェインは含まれていますが、1日カップ3~4杯程度であれば、妊娠中や授乳中でも心配ないとされています。

 

もちろんこれには個人差もありますので、事前に担当医に相談するのがもっとも安心できると思います。

 

プーアール茶だけでダイエットは難しい

 

以上みてきたように、プーアール茶には産後、健康的にダイエットするうえで有効な成分、効能が備わっています。

 

しかしプーアール茶を飲むだけで痩せるわけではありません。

 

重要なのは前述のとおり、散歩などの運動、水分補給、そしてバランスのとれた食事です。

 

これらを心掛けたうえで、水分補給や食事の際にプーアール茶を飲めば、より効果的、効率的な産後ダイエットができるのです。

 

無理せず、肉体的にも精神的にも健康を保ちながら、育児とダイエットに励んでいただきたいと思う次第です。

 

【産後ダイエットにおすすめのプーアール茶】

 

当サイトおすすめ、ティーライフさんのダイエットプーアール茶の公式サイトでは、産後ダイエットに成功された方の体験談も掲載されています。

 

この方は産後66キロあったのが8ヶ月でマイナス12キロ。飲み始めて3ヶ月ほどで妊娠前のズボンがはけるようになったとのことです。

 

ダイエットプーアール茶に興味のある方はこちらからどうぞ。

 

 

公式サイトのダイエット成功談を見る

 

 

 

【関連記事】

 

プーアール茶がダイエットによい3つの理由

 

プーアール茶はダイエットの基本である代謝の向上に効果あり!

 

プーアール茶のデトックス効果

 

プーアール茶は便秘解消に効果はあるの?

 

プーアール茶とウーロン茶、どちらがダイエット向き?